カウンター

065 ヅダ EMS-10 ZUDAH

2006年 6月発売 1400円

ヅダ OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO』で活躍するヅダの初のキット化である。 劇中に登場する1番機、2・3番機、予備機をパーツ差し替えで製作可能。それぞれ異なるマーキングも シールで再現できるようになっている。
非常に細身で武骨なデザインだが、キットとしてはかなりの秀作。可動範囲も広く、よく動く。 まるまる一枠を使った大型の対艦ライフルも大迫力。パーツもシャープで、とても見所の多いキットである。

●A1(色プラ)・B・C・Dパーツ(PS) ●A2パーツ(ABS) ●PC-123プラス(PE) ●シール・マーキングシール

ヅダ ●パッケージや取説に登場するのは、この予備機である。機体自体の差は頭部前面の違いのみ。

ヅダ ●あまり類を見ない1基のみの大型バーニアが特徴的な後姿。

ヅダ ●フル装備状態。機体各所のアタッチメントに接続可能。シュツルム・ファウストはシールドに2本装備可能だが、 付属するのは1本のみ。他のキットのものを流用してもいいだろう。 064 ザクⅠ付属のものなら、そのまま装備できる(色プラではないが)。

ヅダ ●砲身の一部にスライド金型をしようした135mm対艦ライフルは、非常に出来がいい。それにしてもデカイ! (エルガイムのバスターランチャーなみですか)

ヅダ ●シールドは、前後にほぼ180度スライド可能だ。

ヅダ ●武器はおなじみの120mmザクマシンガンと大型の135mm対艦ライフル、シュツルム・ファウストとヒートホークが 付属。わきのちいさな部品は接続用パーツ。手は左右の握り手のほかに、武器用の右手が付く。 大型のマーキングシールで4つの機体を再現可能。

ヅダ ●アンテナ状のパーツが付いた1番機。

ヅダ ●2・3番機は上部視野がふさがったタイプ。

ヅダ ●後方から見たフル装備状態。ヒートホークは上下逆さまとなるが、持ち手が上に来るほうが握りやすく理にかなっている。

ヅダ ●とてもよく動くキットなので、ぜひ別売りのアクションベースに飾って楽しみたい。


Copyright(C)SOTSU・SUNRISE (C)BANDAI (C)HGUC MANIAX
inserted by FC2 system